顔面神経麻痺の症状も鍼灸で

画像の説明

最近、帯状疱疹の後遺症と診断されて
顔面神経麻痺の患者様が来院されました

点滴等を受けて、大分改善されたと
言っていました。
見た目は大分口唇の歪みも少なく
なっている?様に見えますが、
ご本人はまだかなり、顔面の
ツッパリ感があって、辛いと言う事です

鍼灸治療は、中々緩まない顔面の筋肉を
少しづつでも緩める事が出来、その結果
口唇の歪みも治って行き、話やお茶を
飲む事などが楽になって行きます。

上記の患者様も鍼灸治療を3回受けられて
口唇の歪みも取れ、発音も素直に出来る
様になり、ツッパリ感も消失しました

鍼灸治療は、患者様に寄り添い、苦痛を
少しでも和らげ、生活の質が向上する
ことを目標にする、治療です

コメント


認証コード3402

コメントは管理者の承認後に表示されます。