自立をめざして

画像の説明

こんにちは☆彡
私は幼児療育施設で就学前の子供の
療育を行っておりますが
園児一人一人に合わせた導きの中
この子達がこれから学校へ行って
やがて社会人となる時に
今の療育が生かされる事を願い又
そうなるよう努力しております。

発達障害傾向にあるお子様を一般の幼保で
生活させたいと望む親御様もいらっしゃいます。
加配保育士の配置によりそれも可能ですね。
その際はぜひとも留意して頂きたいことが
あります。
お子さんの将来を考えた保育であるかを
しっかり見極めて頂きたいのです。

出来ないことは保育士が代わりにやってしまう。
いやならやらなくて良しとしてしまう。
これでは今日一日は無事に過ごせても
この先長い長い人生を生きてゆく
力が付くでしょうか?

幼児期の療育が将来の自立に繋がる事を
大切に考えながら明日もがんばります。

コメント


認証コード5313

コメントは管理者の承認後に表示されます。