乳腺炎も鍼灸治療で

画像の説明
今年も残り少なくなりました
今年も沢山の患者様に来て頂き
まして、本当に
ありがとうございました。

さて、
数日前に来られた患者さまは
肩こり、全身の疲れで来院
されましたが、身体半身が
非常に凝っていて、ご本人の
いうことには一週間以上前から
乳腺炎で辛い思いをしていた
とのことでした。

乳腺炎の側の背中は非常に
凝っていてかなり辛かったと
思われます。

このような場合は、患部を直接
治療するのではなく、凝りの強い
背中側を緩める治療をして炎症の
ある箇所のツボの流れのライン上の
反応のある処の治療を行うこと
が重要です。

このような治療をした処、治療前は
ご自分で触っていただくと硬かった
箇所が、治療後は柔らかくなり
弾力を感じるようになり、痛みも
軽くなりました。

このように、鍼灸治療はお助け治療
で、どのような症状でもご相談ください

明日の東洋医学のために

画像の説明

コメント


認証コード5817

コメントは管理者の承認後に表示されます。