発達障害の治療・療育相談のこと

当院では、日本自閉症スペクトラム学会
会員として、常に親御様の立場に寄り添い
お子様の、特に乳幼児期の療育と小児はり
治療との融合を重点に考えながら
より良い治療を目指して、研鑽を深め
関係機関・医療関係との連携を
保ちつつ、ご相談・治療等を進めて
行きます。
また、ご相談につきましては、専門の
療育関係の保育士さんに対応して頂く
相談会もありますので、お気軽に
ご相談いただければと思っております
ので、宜しくお願い致します。 

*お子様の発達に関わる施術等のご相談は
 先ずはお電話ください

発達障害かな?と思われるお子様に
不安な気持ちをお持ちの場合
今後の成長の為の治療
ご相談承っております。

親御様は、毎日のお子様の成長を
心から見守りながら生活して
おられると思います。
しかしある時
ご自分のお子様の

◆呼びかけなどに反応が無い若しくは鈍い
◆目と目とが合わない
◆視線を合わせない事が多い

◆表情があまり無い
◆おもちゃなどに興味をあまり示さない
◆夜寝ないで一晩中泣き叫んでいる

◆かんしゃくを起こす
◆言葉をあまり発しない
(2歳以上のお子様で)

などの症状に気がついたとき、
もしやこの子は?と思われる
ことがあると思います。

検診等でも指摘される場合は
ありますが、ほとんどの場合は
少し様子を見てとの事が多いと
思われます。

しかし、親御様が不安を
持った時には、早めに
ご相談頂き、治療が出来る
部分は治療を行う事が
今後の発育の為に
必要と考えまして、

当院では、出来るだけ早めの
ご相談・治療を承っております。